スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←6 →落ち着いてきたかなー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
総もくじ  3kaku_s_L.png The Knight Diaries
総もくじ  3kaku_s_L.png The Reminiscent El
もくじ  3kaku_s_L.png 旅日記(ゲーム)
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント小説
もくじ  3kaku_s_L.png 閉鎖中
web拍手 by FC2
  • 【6】へ
  • 【落ち着いてきたかなー】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「The Reminiscent El」
第2話 ミーミルの泉

 ←6 →落ち着いてきたかなー



「だけど、物質そのものを操ることは、実は普通の人間にだって出来るんだ」
レイバンは重大な事を告げたつもりはないようだが、エルは驚きのあまり言葉を失った。
「今の時代の人間は、昔の人間よりもその能力を上手く扱えていないけどね。昔の人々は科学だとか常識だとかに囚われず、純粋にこの世界の神秘を感じ取っていた」
「時代が関係あるんですか?」
エルが開いたままだった口をようやく動かすと、レイバンは悲しげに微笑んだ。

「昔の人々はただ、純粋だったんだよ。それゆえの過ちもあったが、今の時代よりも随分と“進化”していたね」
エルはわけが分からない彼の言い回しに、余計に頭が混乱した。
彼が言いたいのは、魔術師が他の人間とはほとんど変わらないっていうこと?
普通の人間にも魔術は扱える…。
エルは不思議に思った。
どこかで聞いたことがあるような台詞だ。

「とにかく、私たち魔術師はそうした昔ながらの人間でね。こういう能力があるんじゃなくて、ただ“優れている”だけなんだ。
そこで言いたいのは、君にもそういう素質があるかも知れないということだ」
「え、私にですか?」
今まで目にしてきたものを考えれば、エルは彼の言うことを信じざるを得ないと覚悟して、懸命に話を聞いていた。
だが不意に聞かされたこの言葉に、自分の中で何かが崩壊した。

「まさか…私は火を起こしたり、水を出したりできませんよ?」
「そう思っているからさ」
レイバンはにやりと笑った。
「人間誰しも、出来ないと思っていることは“しない”ものさ」
エルは何も言い返せなかった。
実際に魔術を使って見せた彼の言う事なら、本当なのかも知れない。
でも自分にそんな力は…。

「君にその力があるかは、そのうち見極めるとしよう。さて、続きを話そうか」
「まだあるんですか!?」
エルはこれ以上、自分の心と頭がもたないと思った。
それでも容赦なく、むしろ楽しげにレイバンは話を続ける。
まだやつれた顔をしているというのに…。

「魔術はさっきも言ったとおり、物質に影響を与えることなんだ。それに用いる力は“思考”だ」
「つまり…」
エルは言葉を遮る。
「念じたりとか、そう願ったりとかですか?」
レイバンは微笑んだ。
「君は呑み込みが早いね、その通りなんだ」
念じるだけで、それを現実にする…。
まさに魔法だ、そうエルは思った。
「さらに魔術を使うとき、その現象を口に出したりすることで自分に暗示を掛け、効果を高めたりもする。あとは杖だね」

「杖?」
「そう、こんな杖だよ」
そう言うとレイバンは、普段から持ち歩いているステッキをエルに見せた。
青い宝石がはめ込まれたT字の持ち手が美しく、杖の中には細身の剣が隠された、仕込み杖…。
「自分に暗示を掛けるという意味では、こうした杖を持つことで自分が“魔術師らしく見えて”力が増すんだ。
人によっては杖ではない場合も、使い方が違う場合もある…私の場合は、この杖で地面を叩くことによってより大きな魔術が発動する、そう自分に暗示を掛けている」
エルは孤児院で彼がそうしていたことを、鮮明に覚えていた。
確かに杖をコツンと鳴らしただけで、あの女の人は炎に包まれていた…。
成功を信じ込むことでそれを成就させるというのは、まるで心理学のような話だ。

「魔術とは、それが起きることを信じることなんだ。暗示を掛けてでもね」


関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
総もくじ 3kaku_s_L.png The Knight Diaries
総もくじ 3kaku_s_L.png The Reminiscent El
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント小説
総もくじ  3kaku_s_L.png The Knight Diaries
総もくじ  3kaku_s_L.png The Reminiscent El
もくじ  3kaku_s_L.png 旅日記(ゲーム)
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント小説
もくじ  3kaku_s_L.png 閉鎖中
web拍手 by FC2
  • 【6】へ
  • 【落ち着いてきたかなー】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【6】へ
  • 【落ち着いてきたかなー】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。